コスパの良い集客方法のMEO(マップエンジン最適化・ローカルSEO・Googleマイビジネス)について解説

コスパの良い集客方法のMEO(マップエンジン最適化・ローカルSEO・Googleマイビジネス)について解説

コスパの良いWeb集客MEO対策

北海道札幌市のSEOコンサルタントの菅野です。
店舗や会社などのリアル施設を運営する方にとってコスパの良い「MEO対策」についての基本を解説します。

SEOの専門家や広告運用の専門家などは「ボクは専門外!!」という態度が多く見られるのでまだ浸透していない集客手法です。
ローカルビジネスを行っている方にとっては「知らない」では済まされないくらい今後ますます重要になってくるであろうMEOの基本を学んでください。

MEO対策やGoogleマイビジネスを活用するメリット

物理的な位置情報に基づいて商圏エリア内の検索者にアプローチすることが出来ます。
例えば当社の場合は「札幌+SEOコンサルティング」のように検索した結果、Googleマップに表示されました。
もっとローカルなビジネスでかつ店舗型・施設型の事業者であれば、MEOの効果は非常に重要になってくるでしょう。

GoogleMap

ローカルSEOでは「今すぐ客」になりやすい人が多く検索するので業種によってはSEOやインターネット広告を凌ぐ効果を発揮する場合もあります。

今すぐ客に効率的にアプローチ出来るので成果に近く、店舗型ビジネス・施設型ビジネスには最適な仕組みです。

ナレッジパネルの例

Googleマイビジネスのビジネス情報はナレッジパネルにも大きく掲載されるので公式サイトとしての信頼性向上にもつながります。
デスクトップでもモバイルでもこのナレッジパネルの存在感は無視できるものではありません。

MEOの最大の魅力はコスパの良さとライバルの少なさ

MEOやGoogleマイビジネスを活用する最大の魅力はコスパの良さ、つまり「無料」である点と、MEO自体が世の中に浸透しきっていないのでライバルが少ないという点です。

「MEO対策」というサービスで高額な料金を取っている業者もあるようですが、Googleマイビジネスへの登録も対策も自分でやれば無料ですし、画面の指示に沿って行けば難しい操作も専門知識も必要ありません。

徐々にマイビジネスへ登録するビジネスオーナーは増えてきていますが、やはりそれでも実在する店舗全体から見ればごくわずかの利用率だと言えます。

MEO対策の具体的手法

ココからはMEO対策の具体的なやり方について解説していきます。
Googleマイビジネスにただ登録しただけでは100%に効果を発揮できません。

いくつかのコツを紹介します。

Googleマイビジネスの正確さ・情報の充実

Googleマイビジネスに登録する情報は正確に詳しく入力する、というのが鉄則です。

例えば、

なのか、

なのか、スペースは半角なのか全角なのかまで精密に正しく表記することを推奨します。

このあたりの表記は中小企業の場合結構曖昧だったりするので、社内で話し合ってきちんとした表記の統一をしておくと良いでしょう。

その他、ビジネスのカテゴリや営業時間、公式サイトのURLなどを未解答を可能な限り無くし詳しく記入していきます。
古くなってしまった情報も迅速に更新するようにしましょう。

お知らせの投稿や商品・サービスの投稿なども適度な頻度で更新していくようにします。

投稿している様子

このように投稿も検索結果に反映されるので目立つアイキャッチ画像と投稿すれば直接的なサイトへの流入も増加していきます。

物理的な距離

あまり対策のやりようも無いのですが、検索者の物理的な距離(GPS)も上位表示に関わってきます。
もしも支店などがある場合はもれなく登録しておきましょう。

先述しましたが、住所などの表記を統一し確実に位置情報をブレなくGoogleに伝えることが大事です。

知名度・サイテーションシグナル

どれだけMEO対策を頑張ってもやはり最重要は「知名度」です。
MEOやSEOのテクニックばかり追い求めるのではなく、リアルな知名度アップの努力もしてください。

知名度は検索結果や検索結果でもクリック率、バックリンク、SNSなどでの言及(サイテーションシグナル)などが関連していると考えられ、この辺の話はSEO対策にも似通っていますね。
また、Googleマイビジネスには口コミ機能があり、口コミの評価や数もランキング決定要素であると言えます。
口コミは積極的に投稿してもらう努力を行い、悪い評価の口コミでも真摯に受け止め誠意ある返事を投稿し、逆に好印象に変えていきましょう。

SEOと同時進行で進めていくのがベスト

MEOだけ注力する、SEOだけ注力するというものでなく、お互い密接な関係にあるマーケティング手法なのでSEO対策と変更してMEO対策(ローカルSEO)に取り組んでいくのがベストであると考えます。
また、店舗や施設がそれほど重要ではないビジネスであってもちゃんと所在地があるのなら、検索結果でのナレッジパネルの存在感を考えるとGoogleビジネスへの登録は積極的にやっていくべきでしょう。

Web丸投げプラン新登場

まずは相談してみる